先進医療

多焦点眼内レンズによる白内障手術は先進医療に認定されています

当院は「多焦点レンズを用いた白内障手術」の先進医療施設に認定されております。一定の条件を満たして認定を受けたこの施設では、術前術後の診察等に保険が適応できるようになります。また、民間の生命保険の“先進医療特約”の対象になりますので、ご加入の方は、先進医療に係る費用が全額給付されることもあるため、患者様の経済的負担が軽くなります。

先進医療実施施設なら経済的負担を軽減できます

基本的に、「多焦点レンズによる白内障手術」は健康保険の対象ではないため、治療にかかる費用は全額自己負担ですが、先進医療に認定された施設でその手術を受けると治療費の一部( 術前術後の診察・検査、薬代等 )に公的医療保険(健康保険)が適用され、経済的な負担を軽減することができます。

先進医療特約なら手術費用が全額給付される場合も あります

民間の生命保険(医療保険)の中には、先進医療に係る費用を保障の対象にした「先進医療特約プラン」があります。治療・手術を受けられる方が、先進医療特約にご加入されていると、契約の内容に応じて先進医療に係る費用の給付を受けることができます。治療費が全額給付される場合もありますので、経済的な負担を更に大きく軽減することができます。先進医療の保障につきましては、加入されている保険会社へあらかじめご確認下さい。

【注意】先進医療に係る費用を保障の対象にした「先進医療特約プラン」を利用する場合は、必要書類(診断書など)を提出する必要があります。保険会社によって、専用のフォーマットがありますので、事前にご用意いただき、手術当日もしくは術後に受付までご提出ください。また、先進医療特約の申請には当院が発行した「領収証」が必要となります。領収証は再発行できませんので、大切に保管してください。